縫ってはほどいて

今日は朝から引き続き、新作の巻きスカートをつくってたのだけど

慣れないのと、試作品なのもあってか縫ってはほどいて、

縫ってはほどいてを繰り返した1日だった。

こういうことは今までなかった。

それくらい、今回は縫う行程が変わってるのもあるのだけど。

今日も有難いことにちょくちょく来店者が途絶えない1日だった。

その中で先週、チャオプラヤー(サルエルパンツ)をお持ち帰り頂いた方が

気に入ってくださって、今度は旦那さまを連れてオーダーしてくださった。

その方の話をしてると、その方もコムデギャルソンを好きで着てる方だった。

と、いうのも自分がつくってる服を贔屓してくださる方は

ギャルソン通ってる方が多い。ギャルソンはSALONがオープンする時に

取り扱いたかったくらいリスペクトしてるブランドで、

なんだかんだで1番根元にある気がするし、日本で衣服をつくる以上

そこが匂わないデザインやブランドは自分自身、なんとも思わない。

もっというなら、どうあがいても日本でまともにものつくりするなら

その匂いは避けて通れないとも思ってる。そういうブランド。

そういうのを纏いながらも、間に自分の手でつくったものを

着てくださるのは、ホントに光栄なこと。

また明日からも頑張れそうです。
a0087239_20220847.jpeg

[PR]
by tblancheur | 2018-07-08 20:23