ダイヤウッドのハイクラスゴールド

数年前、能登に戻ってきて

自分の手で衣服を縫うようになった。

専門学校時代に支給されてた

洋裁ハサミを長年使っていて

気分転換にと

海外のアンティークものも試してみたけれど

いまいちピンと来なかった。

ある時、雑誌で道具の特集をしてて

大好きなデザイナーがこのハサミを紹介してて

「あ、こういうのが欲しかったんだ」と思い

急いで工場に問い合わせて購入した。

とても切れやすく、購入して数年経つけど

まだ切れ味は保ったまま。

持つたびに気分が良い。

それって仕事道具としてはとても大切なこと。
a0087239_19541669.jpeg

[PR]
by tblancheur | 2018-11-14 19:56