今季のアウターは全部入荷済み

昨日大量に入荷してきてたんでずっとバタバタしてた。

閉店際には疲労しきっててなにも手つかず。

だって店の中のフェイス全部とっかえてたもん、しょうがないじゃないか。

まぁ、そういうワケで昨日今季のアウターは全部入荷済んだ。

今がウチでは一番選べる時期なのでどうぞお早めにって思います。

それと一番最初の受注会でオーダーしていただいた商品も徐々に

入荷してきてる。その時にメールアドレス教えてもらい

「入荷したらメールでお知らせしますね」ってヒトも何人かいたのだが

何人かはなぜかメール送れない。なぜかというより手違いだ。

なのでコレを読んで我こそはって思った方、お手数ですがお店まで足を

運んで下さい。ヨロシクです。

そうそう、そんなバタバタしてた昨日にスタイリストのFUNAさんが遊びにきて

試着した際、とても良いなって思ったんで撮らせてもらった。

こういう風にダウンベストを着れれば、とてもタウンユースっぽくいけて

オシャレだなって思います。

[MOUNTAIN EQUIPMENT]
1960年イングランド北部マンチェスター郊外のGlossapという町で、
ピーター・ハッチンソンとピート・クルーの二人の若手クライマーに
より"The Mountanieer"というクライミングショップが誕生。
暇をもてあましたピートは店の奥の部屋で、「Mountain Equipment」の
最初の製品となるシュラフとダウンジャケットを作り始める。
細部までとても丁寧に作り上げているそれらの製品は、
クライマー達に絶大な信頼を受ける事となりそれらの
「質実剛健」な製品は"MOUNTAIN EQUIPMENT"と呼ばれるように。
次第に評判が英国中に伝わるようになり、著名な登山隊や
極地遠征隊の公式装備品としてダウンウェアやスリーピングバッグが度々採用。
1970〜80年代のヒマラヤ遠征隊を始めとするその数々の活躍により、
いつしか8000mの雪山を目指すアルピニスト達の憧れのブランドとなった。
創業から45年を経た今も、"MOUNTAIN EQUIPMENT"は山や自然と
真剣に対峙し続ける人の装備として、必需品であり続ける為に
「質実剛健」を絶えず追求している。
a0087239_13213912.jpg
a0087239_13215857.jpg
       [MOUNTAIN EQUIPMENT ダウンベスト:21000YEN]
[PR]
by tblancheur | 2008-11-14 13:23