特にやるコトもなかったので

この時期になると化粧水をつけないと

こながふいてやってられないのだけれど。

今日の朝つけたときの吸い込みようにビックリしてしまった。

こんな吸うか〜って。老いってお金がかかるんだなって改めて思った。

花粉症のようなかるいダルさがあったのもあり、

昨日は10時過ぎくらいに寝てしまってた。

食事を睡眠は病気にならなくする一番の薬だと信じてるし、

特にやるコトもなかったのでそれは別に良かったんだけど

朝6時半くらいから行動しだし、9時前くらいからオープンしてたら

意味ないッスねって。でも、早起きは得してるってのは思うから良いのかなぁ、

とも思う。

[MOUNTAIN EQUIPMENT]
1960年イングランド北部マンチェスター郊外のGlossapという町で、
ピーター・ハッチンソンとピート・クルーの二人の若手クライマーに
より"The Mountanieer"というクライミングショップが誕生。
暇をもてあましたピートは店の奥の部屋で、「Mountain Equipment」の
最初の製品となるシュラフとダウンジャケットを作り始める。
細部までとても丁寧に作り上げているそれらの製品は、
クライマー達に絶大な信頼を受ける事となりそれらの
「質実剛健」な製品は"MOUNTAIN EQUIPMENT"と呼ばれるように。
次第に評判が英国中に伝わるようになり、著名な登山隊や
極地遠征隊の公式装備品としてダウンウェアやスリーピングバッグが度々採用。
1970〜80年代のヒマラヤ遠征隊を始めとするその数々の活躍により、
いつしか8000mの雪山を目指すアルピニスト達の憧れのブランドとなった。
創業から45年を経た今も、"MOUNTAIN EQUIPMENT"は山や自然と
真剣に対峙し続ける人の装備として、必需品であり続ける為に
「質実剛健」を絶えず追求している。
a0087239_17404492.jpg
a0087239_1741777.jpg
a0087239_17412132.jpg
       [MOUNTAIN EQUIPMENT レトロダウンJKT:31500YEN]
[PR]
by tblancheur | 2008-11-29 17:44